医療機関で受けられる「レーザー脱毛」

美容皮膚科や美容外科といった、医療機関ではレーザーを使った、脱毛法が行われています。レーザー脱毛は無駄毛を脱毛できるだけでなく、永久脱毛効果もある点が特徴です。使用されるレーザーは、ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーなどが主流となっています。これらのレーザーは黒い色にのみ、反応する特殊なものです。

毛根部分には黒い色のメラニン色素が、含まれているのでレーザーを肌に照射すると、メラニン色素へとレーザーの熱が吸収されます。すると、レーザーの熱により毛根部分にある、毛乳頭や毛母細胞といった、体毛を作る組織自体が破壊される為、レーザー脱毛では毛根から無駄毛を脱毛する事が可能です。また、1度壊れた組織は2度と再生しないという事もあり、レーザーを照射した毛穴からは、無駄毛が生えてきません。ですので、レーザー脱毛は半永久的に、無駄毛が生えなくなる「永久脱毛」の効果があると言われています。

レーザーで無駄毛を脱毛する事で、カミソリなどで自己処理をしなくても、無駄毛の無い肌をキープできるようになります。自己処理でカミソリ負けなどの、肌トラブルを起こしやすいという方も、レーザー脱毛を受ければ、その悩みを解消できるでしょう。また、レーザーは黒い色に反応し無駄毛を脱毛するという性質上、濃い無駄毛の方がよりレーザーが反応します。この事から剛毛で悩んでいる方に、特にお勧めの脱毛法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です