レーザー脱毛をすると汗の量が増えるのは本当か

毛乳頭を熱処理することで、ムダ毛を根元からきれいに除去できるレーザー脱毛ですが、施術を受けた後に汗を掻きやすくなったという意見がしばしば見られます。この問題については、レーザー脱毛が原因であることは稀です。というのも、人間にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、アポクリン汗腺は毛穴と同じ場所に存在するものの、毛根に到達する前に分岐するため、完全に共存はしていません。エクリン汗腺に関しては毛穴とは別の場所にあることから、施術の影響は受けません。

レーザー脱毛によって汗の量が増えた一番の原因として、汗を受け止める毛がなくなったことが関係します。見た目の印象だけが変化し、汗の量自体は同じですので、気になるのなら制汗剤などを使って対処するのがよいでしょう。この他にも、精神性発汗の可能性があります。汗の量を気にするあまり、緊張やストレスが原因で汗の量が増えるというものです。

緊張すると手のひらに汗を掻きやすくなりますが、それと似た症状が脱毛箇所に発生することがあります。汗の量が増すほど緊張やストレスが増し、精神性発汗の症状が悪化するという悪循環を繰り返しがちです。制汗剤を使ったり、汗染みが目立たないような色柄の服を着るなど、汗を気にしないことが大切です。ちなみに臭いについてはレーザー脱毛でムダ毛を取り除いた方が、毛に雑菌が繁殖しなくなり、減少する場合がありますので、臭いに敏感な人にもおすすめの施術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です