脱毛の定義というものは

脱毛とは、無駄毛や産毛など審美性を損ねる要因となる体毛の除去を指しています。そのためサロンやクリニックを利用すること以外にも自己処理や脱毛機器を利用してのホームケアも定義に含まれており、行為そのものを指しているものとして知られています。そんな脱毛の中にはほかにもいくつかの種類があり、その中でも最も知られているのが永久脱毛です。これは最も誤解されている言葉であり、誤解されている定義としては「ずっと無駄毛が生えてこない状態になる」というものです。

実際にこのように認識している女性は多く、サロンやクリニックを初めて訪れる人のほとんどがこの状態を希望しているようです。ですが、実際の永久脱毛の定義は異なっており、正確なものとしては「施行が終了して1か月後の時点で毛の再生率が20%以下である状態」とされています。つまり、永久に無駄毛が生えてこなくなるというわけではなく、あくまで無駄毛は多少生えてくるものの施行前の20%以下であればいいというものとなっているわけです。そのため、ずっと毛が生えなくなる状態をイメージしていた人たちにとっては意外なものであり、がっかりするということも少なくないと言われています。

そのため最近では永久減毛と言われるようになってきており、イメージの払しょくや定義の認識化を進めています。これによって、以前は誤解を受けることが多かった定義を定着させることができるようになってきているとして期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です