医療機関の医療脱毛の特徴

脱毛したいと思った際、皮膚科など医療機関の医療脱毛とエステサロンのフラッシュやレーザーなどによる脱毛、どちらにするか迷う人も多いでしょう。前者と後者はいったいどんな違いがあるでしょう。先ず医療機関では医師が常駐しているわけですから、万が一何らかのトラブルが発生した場合、医師に適切な処置をしてもらえます。また、医療機関ではエステサロンのそれより強力な医療用のレーザー使うことができます。

効果がより高いものです。脱毛期間も違います。医療脱毛では1ヶ月~2ヶ月おきに約5回~8回の通院が目安です。エステサロンのフラッシュやレーザーなどによる脱毛の場合、より長い期間通院する必要があります。

料金については、1回の料金はエステサロンの方が安いですが、トータルでは医療機関の方が安くなります。ただし、モニター価格割引や何かのサービスを行っている、また何かのキャンペーン期間中のエステサロンの場合、料金はトータルでも医療機関より安くなることもあります。痛みに関しては医療脱毛の方が少し強めです。ですが、痛みがあるからこそ、脱毛効果があると言うことができます。

なお麻酔で痛みを軽減することもできます。笑気ガスとも呼ばれる亜酸化窒素ガスを吸入して笑気麻酔を行ったり、塗って表面の感覚を鈍くする専用のクリームを使用してクリーム麻酔を行ったりします。笑気麻酔は濃度を自由に設定することができるために、危険性が少ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です