映像制作にかかる費用の例

映像制作の費用は基本的に撮影費、編集費、企画費、その他の経費で決まります。企画費、撮影費、編集費は人や、個人が持っているスキル、人数などで費用を決めていきます。そして、撮影日数、編集日数、修正回数などもあります。その他の経費は主に機材、スタジオ、設備費などがかかります。

映像制作を企業に頼んで、3分の動画と30分の動画を制作して比べてみると、3分でクオリティの高い動画の方が費用がかかったりする場合があります。どうして違いが出るのかというと、人件費や最先端技術、最新設備、機材など使ってもらう場合にも費用がかかります。例えば、A社とB社に映像制作の見積もりを頼むとA社が30万円ほどかかり、B社はなんと250万もの見積もりを出す場合があります。この差は何かというと、A社では、タレントなどの人件費、機材費、スタジオ費、2D、3D技術などを削減した状態です。

他にもメデイア向けのデザインを削減するなどするとこういう見積もりになるわけです。そして、B社ではA社で削減した物を全て取り入れて見積もりを出すので、250万という映像制作費がかかるわけです。極端に言うとクオリティの高い物、つまり最先端技術や、最新機材、映像に出演してくれるタレントなどを使って作る場合は費用が高くなるということです。基本的には映像制作を頼む場合、コストと品質のバランス重視で決めるのがベストです。

最初にヒアリングなど企業の担当者と綿密な打ち合わせをすることも重要です。