映像制作の現場においては実績が重要です

映像制作をするには大がかりな作業が必要になります。まず、元となる映像をデジタルビデオカメラを使って撮影しなければなりません。その映像を元に編集などを行い、商品として販売可能な映像作品を作りあげるという流れになります。デジタルビデオカメラでの撮影を始める前に、ストーリーなどを脚本家に考えてもらう必要もあるでしょう。

既存のストーリーを使用すれば、その手順を省くことができるため、時間を短縮することが可能になります。そして、実際に映像を撮影する際には、実績がかなり重要になってきます。映像を撮るには、出演してくれる人を探さなければなりません。そして出演料を支払って主演してもらいます。

有名な俳優を起用すると多額の出演料が必要になるため、通常はあまり有名でない俳優に出演を依頼することになります。その際に、無名でも良い俳優を探すには実績をよく見ることが大切です。あまり目立った役でなくても、実績が豊富なら演技が上手く良い映像を作ることができます。そして、映像制作で大事なのは、取り終えてからです。

編集をすることになりますが、シーンとシーンのつなぎ目を不自然なく編集しなければなりません。編集者として手腕が問われるでしょう。映像制作の経験が豊富な編集者と、駆け出しの編集者とでかなり出来具合に差が出て来ます。そして、編集が終わったらミスがないかどうか複数の人たちで確認作業を行います。

特にミスが見つからなければ完成です。