実績が多い映像制作の企業に依頼しましょう。

日本の企業は社内マニュアルが欧米の企業よりも少ないと言われています。良し悪しは別として、スタッフが各々我流で業務を仕上げる傾向も強いです。マニュアル思考は良くない、といった風潮が日本では根強いですが、成功する欧米の企業は皆、スタッフに画一化されたノウハウを提供するために、統一されたマニュアルを配布しています。マニュアル思考は何も悪い事ではありません。

特にまだ経験やノウハウが蓄積していない新人スタッフにとっては、ハウツー本となる社内マニュアルがなければ、業務を効率的に進められません。ただ、紙媒体のマニュアルは正直読みづらく、たとえ制作してもスタッフに浸透し難い難点があります。同じマニュアルを作るのであれば、映像制作でビデオマニュアルを作りましょう。映像制作を専門的に請負う企業に協力を要請すれば、ルーチンワークの様子を撮影してもらい、社内マニュアルが効率的に作れます。

ビデオマニュアルであれば、新人スタッフに映像制作で得たDVDなどを視聴させる事で、効率的に組織が長年にわたり、蓄積してきたルーチンワークを伝承出来ます。実績があるアウトソーシングサービスに依頼すれば、素晴らしい仕上がりのDVDが得られます。社内マニュアルとは言え、ある程度の実績を持った企業に依頼した方が作業が捗ります。実績豊富アウトソーシング先に見積もりや相談をすれば、おおよそのビデオマニュアル制作費が分かります。

企業によって完成までのスケジュールは前後しますので、新人研修までに素早くDVDを得たい方は、早期納品可をPRする映像制作の企業に依頼を出しましょう。