映像制作に関して言えば

映像制作はテレビCMを始めドラマや映画、インターネット広告やデジタルサイネージ、動画共有サイトにおける宣伝や企業広告等動画で製作されることが多くなって来ています。以前は文章や絵で伝えることも多く、ラジオでいくら場所の状況を伝えようとしても百聞は一見に如かずと呼ばれるように語らずとも効率の良いものとなります。字面というものは高齢化するに従って追いついて行けない傾向もあり、映像や音声があるとしっかり伝わるという特性も持っています。しかも映像の表現力如何によっては人にインパクトを与えて一生の間記憶に残るようなものにもでき素晴らしい表現方法とも言えます。

最近はドローンの活用でこれまでに見られなかったような素晴らしい映像も簡単に撮れるようになって来ています。映像制作では編集作業によって同時進行的に台詞やナレーションなど音声や音楽、文字その他複数の媒体の情報を伝えることができますから、情報量の多さでは圧倒的に優位に立てるものとも言えます。映像制作の用途としては企業や学校の紹介、結婚式やイベント、展示会、記念式典、あるいは社員研修や社員教育、セミナーや講演会、店舗における紹介や販売促進のツール、プレゼンテーション、製品のマニュアルや説明用に、ソフトウェアの使い方の説明やデモンストレーション映像の制作、さらにはインターネット教育における教材とか国内外の状況を伝える場合とかその用途は無限大に広がりつつあるとも言えます。映像はCDやDVD、ブルーレイに保存して配布したり、インターネットで配信すると静止画にして印刷にもかけられます。