実績豊富な映像制作企業にアウトソーシングを。

商品の良さは実際に使ってもらわなければ分からないものです。分野によっては、写真だけでは製品の仕組みや仕様が分かりませんので、カタログを配布するだけではマーケティングとして不十分になります。実績豊富な映像制作サービスに依頼し、製品のコマーシャルビデオを作ってもらうのが良い対策です。製品の使い方やマニュアルを、映像制作すればネットや店頭のテレビを通して、製品のメリットが効率的にPR出来ます。

また近年ではインターネット上にありますSNSや動画投稿サイトがトレンドです。そういったところに、映像制作で得たコマーシャルビデオをアップロードすれば、マーケティングが自動化します。ユーザーが自ら広告媒体であるマニュアルやコマーシャルビデオにアクセスしてくれますので、広報担当のスタッフがわざわざ苦労して文字で製品のPRをするよりも、一本のCM映像を作ったほうが良い効果が現れます。映像制作を依頼出来る企業は都内だけでもたくさんあります。

ただ、基本は実績豊富な企業を選ぶのが正解です。実績が少ない企業だと、出来上がりにムラがあったり、スケジュール管理が曖昧だったりします。範囲に実績豊富な企業なら、絵コンテから企画、マーケティング方法の立案、必要であればエキストラの招集、ビデオ機材の用意まで、全ての映像制作作業を代行してくれます。社内にCM映像を作成出来る特殊な部署があれば、依頼の必要性はありませんが、普通の組織は持っていないのが普通ですから、製品を効果的にマーケティングしたい場合は、アウトソーシングを思案すべきです。