動画制作で大事なこと

動画制作をしてみると、その難しさに驚くことが多いです。まず素材となる映像を撮影することが始めます。必要なカットは意外と多く、余分に動画を撮影する必要があります。これだけあれば編集で上手くまとめることが出来ると思っていても、いざ編集をしてみると足りないカットや必要な映像がまだまだあることに気が付きます。

足りないものを後から補填していくのは面倒な作業ですし、被写体となる人物や物をまた用意しなくてはいけません。同じ天候やシチュエーションが再びあらわれるとは限りませんし、時間にも限りがあります。なので、素材となる動画撮影などは十分に準備しておくと後々役に立ちます。次は動画制作の鍵となる編集作業です。

編集は専用のソフトを使ったり、付属のツールなどを使用して行います。youtubeの場合は専用の編集ソフトがあるので、誰でも簡単に編集作業に入ることが可能です。興味を持って動画を見てもらうにはテンポ良く、無駄な時間を省いた映像をお届けしなければいけません。声も聞き取りやすくなければいけないので、マイクなども欠かせないです。

外部の音が大きい場合は編集で小さくしたり、違う音をかぶせることで動画を見やすくします。聞き取りにくいところや大事な場所は字幕を付けることで視聴者の理解を深めます。最後は動画制作で欠かせないタイトル決めです。一発で興味を引く言葉を選んだり、動画を見たくなるような好奇心をあおる言葉のチョイスが必要です。