動画制作で新たなマーケティング

最近よく耳にする動画マーケティングは、ショップや企業などのウェブサイトに動画コンテンツを貼り付けて行うマーケティングのことを言います。これは現在集客のスタンダードとなりつつあり、パソコンだけではなくスマホやタブレットなどのインターネットの発達により、誰もが自分が気になるキーワードを検索するだけで簡単に情報を収集することができます。企業の説明・商品紹介やサービスの内容に至るまで、文章ではなく動画制作をしウェブサイトに載せておけば簡潔でわかりやすく見る人に伝えられます。特に動画は文字や静止画と比べると、何倍もの情報を短時間で伝えることができます。

インパクトのある動画制作や印象に残るバックミュージックを用いることで、見ている人の刺客・聴覚の両方に訴えかけることが可能です。これによって共感を得やすいですし、集客率アップも狙うことができます。メリットとして一番に言えることは、テレビのコマーシャルやポスターを使い一方的に無差別に配信することではなくその情報を必要としている人に、直接知らせることができることです。彼らはキーワードを検索にかけて、この動画と結びついているのでお互いにメリットがあると言えます。

興味のないコマーシャルなどを一方的に流されるよりは、自分が気になっている内容の動画を見る方が頭に残ります。動画制作に関しては、コマーシャルと比較してもリーズナブルなのでコストを削減することができます。